霊会話の場

myouon.exblog.jp

自分のために広告の裏にメモをとる気分で気楽に書いています。

『シルバーバーチの霊訓 9』・・・・自死に至るまでの動機が大切

しかし、私がいつも言っているように、

一番大切なのは動機です。

何が動機で自殺したかということです。

ままならぬ事情から逃れるための自殺は、今述べた通り、

そう、思惑どおりにはいきません。

が、一方、時たまあるケースとして、

動機が利己主義でなく利他主義に発している時、

つまり自分がいなくなることが人のためになるという考えに発している時は、

たとえそれが思い過ごしであったとしても、

先の臆病心から出た自殺とはまったく違ってきます。


『シルバーバーチの霊訓 9』(近藤千雄訳)潮文社  P210より

死別体験者の集まる掲示板を読んでいたら、

自死をされたけれど、人一倍優しくて、自分よりも周りの人の幸せ優先して、人の気持ちを思いやり、誰かが受けなければならない嫌な役目も自分から引き受ける、とても繊細なお嬢さんを思い出した

そしたら、そのお嬢さんが久々に来てくれた

「おばさん、私のことわかってくれてうれしい

自死された人は優し過ぎて、人の苦しみまでも背負い込んで

身動きがとれなくなってしまったから

でも、今は自分の間違いに気付き心から反省している

自分で命を絶つのは絶対にいけないことだとわかった

お母さんが、いつまでも私のことで心を痛めているのが気になる

もし、機会があったらお母さんに伝えてね

今はね、私と同じように自死した人たちのケアの仕事をしているの

自分にあったお役目をいただいて生き甲斐を持ってやってるよ

今はもう元気になって楽しく幸せ、心配しないでね 

おかあさんの子どもでよかった 大好きお母さん ありがとうお母さん」
[PR]
by myouonn | 2005-07-09 23:41 | 『シルバーバーチの霊訓』から

自分のために広告の裏にメモをとる気分で気楽に書いています。


by myouonn