霊会話の場

myouon.exblog.jp

自分のために広告の裏にメモをとる気分で気楽に書いています。

<   2008年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Illustrator形式(AI)製作方法

ステップ1 & ステップ2
一回り大きめの用紙にトンボじゃなくてトリムマークでOK
ベクトル100の名前を一度付けると、次回から上書きするかという質問メッセージが出るが、これは上書きするでOK

ステップ4
スクリーンショットはグラフからでなくイラレのデータ書き出しで

ステップ5
名前は半角英数でなくても日本語でもOK
(他に画像なども拡張子の前の名前は日本OK)

よくあるご質問

完全データを作るための印刷基礎
リッチブラックはNG 

イラレデータ製作の注意
CS11,0,1の場合、隠れたパスのラインに画像が重なってもOK
スミノセオブジェクト使用時の注意
オーバープリントは行わないように
表裏関係の指示(※)←やり方は少し違うが指示は出来ている

赤文字は今回見逃してしまってやっていなかった
緑文字は今回の作成に必要なかったが今後のために
スミ文字は今回疑問に思って確認して正しくやったつもり

★今後思いついたら、追加します
★今回初めての入稿、問題なくデータチェックの完了のお知らせが入り,少し安心
でも、出来上がりの現物を見るまでは・・・・

追記 1
時間に余裕があればオンデマンド印刷という方法もあった
(Jさん、情報ありがとうございます)
[PR]
by myouonn | 2008-09-23 22:49 | Macメモ | Trackback | Comments(0)

アカウント管理者変更

他のソフトの場合でも、もし、インストールが上手く出来ない時、この手が効くかも

CS 11.0.1 アップデートをインストールしようとすると、予期せぬエラーが
これのC

管理者を変えるところが解りにくくて忘れそうなのでメモ

環境設定のアカウントを開く
左の項目、「通常」になっているくーくを選択
上の項目、セキュリティを選択
図のように「ユーザーがこのコンピュータを管理できるようにする」のチェックを変えていく
くーくが「管理者」になる
最初から作っていたアカウント、本名のものが「通常」になる
システム環境設定を閉じて終了
ログアウトして今度はくーくからログイン
できなかったインストールができる
終ったら、また管理者を本名のものに戻す
d0000652_2575260.jpg

d0000652_258102.jpg

d0000652_2582563.jpg


この3枚の画像は管理者を変更するための手順
[PR]
by myouonn | 2008-09-20 03:04 | Macメモ | Trackback | Comments(0)
プリントパック

ひさしぶり、3年ぶり?

mixiでみつけたぞ

やっと電話もつながった

ハピネス仲間のMac友だち、ほどほど元気でよかった

音信不通で心配してたんだからね


ところで
片面スミ片面4色も両面4色も値段はさほど変わらないようだ

追記
圧縮ソフトCleanArchiver-2.3.1DLし実験してみたが、なんとかできうそう
東京支社もある

20日 午前2時頃追記
illustratorCS11.0.0から11.0.1にアップしないとプリントパックに入校するデータ作成ができない
たかが、0.01アップするだけのことなのに一晩かかった
アップデートしようとすると予期せぬエラーが発生
このAもBもダメでCまでやってやっとできた
アカウントが2つできて、新しく作ったアカウントでログインすると画面が買ったばかりの時と同じで懐かしいね、かわいいね

こういう作業は大好きだから楽しくて時間もお腹が空くのも忘ていれた
楽しくてついエチゴ黒ビールを飲んでしまった
今日も(昨日も)お酒の相手はMacでした
[PR]
by myouonn | 2008-09-18 14:57 | Macメモ | Trackback | Comments(0)

明日のことです

渋谷駅まで、オンライン署名のおひろめ活動に行きまーす

すいません、あたしは途中で早退しますがぁーf(´−`;) 

お手伝いに行ったら、フリチベ神奈川のカンバッチを貰えるらしい

コミュに写真があったの見たけど、かわいくてなかなかよさげぇー“o(*^o^)o”たのしみだなぁ

お天気は明日の夜までは持ちそうだし、日焼けの心配もなさそうだし、昼間の野外活動には最適かもね

相模大野のおひろめ活動もなんとか持ったし、これはがんばっておひろめしようではあーりませんか

「雨が降ったらごめんなさい」なんだけど、おひろめ活動参加者さんがもっと増えてもいいんじゃないのかな?


mixiの方はこちらを御覧ください

そうだ、思い出した!

このオンライン署名の不安点や疑問点にお答えする、Q&Aページができたのでしたぁ〜(*・ェ・*)ノ~ヨロシク
[PR]
by myouonn | 2008-09-13 20:42 | フリーチベット関連 | Trackback | Comments(4)
10月18日or19日東京ベジタリアンフェスティバル2008に行こう(Hさん、情報ありがとうございます)
[PR]
by myouonn | 2008-09-11 00:50 | ベジ | Trackback | Comments(0)

なんだか 

ぜんぜん増えてないなあこの署名

配った署名お願いしますの名刺サイズカードは1100枚くらい

なのに、署名した人って何人? 50人もいないかもよ

配布した時間から数えて今までで61人

配布したカードを見て署名した人はその61人のうち何人だろう?

なんで署名してくれないんだろう?

うーーーむ

私もそうだったけど、署名して、もし失敗して自分の個人情報が出ちゃったらイヤ

そういう理由って、けっこうあると思う

地元パソコンボランティアの人(中高年)からは、失敗しなくても個人情報を入力するのはイヤと言って断わられた

個人情報たって、名前とメールアドレスだけでいいのに

チベットの話をしながら涙した方なのに



あんなにみんなでがんばったのにこの結果じゃ

でもね

チベットの現状、中国共産党の卑劣な弾圧は十分伝わったと思う

-------------つい書いてしまったmixiコミュのコメントの一部

署名おひろめの名刺カードを配布をした時のことです。
エスカレータを降りた位置からほんの少し離れた所で、1人のチベットサポータが、チベットの人たちを救いたいという思いを大きな声で語り続けていました。
エスカレータのすぐ下ではプラカードを頭上高く上げ、エスカレータから降りてくる人たちに見せながら『今日も中国政府は拷問を続けています! 中国政府に拷問を止めさせるためのネット署名にご協力お願いします!』と、1人のチベットサポータが声をあげました。

二人の思いが、伝わったにちがいありません。
エスカレータに乗っている全員の視線がプラカードに向けられ、降りて来た人たちが次々名刺カードを受けとって行きました。

みんなの視線がそろってプラカードに向けられ、みんながみんなカードを受けとるという、普通見られない場面は、映画の一シーンのようで不思議な感覚でした。
(ずっとこの場面が続いたわけではありませんが、確かに何度かこのような時があったのを見ました)
----------以上

これは工夫をこらした配布方法の一つです

自分もプラカードをかかげて名文句を言う役割をやっていた人をやってみて(途中ちょっとだけ代わりにやらせてもらった)実体験したので書きました

他のみんなも、個性的にアピールし、すっごい一生懸命がんばってチベットを助けたい気持が伝わって、たくさんのおひろめカードを手渡してくれました

ところで後で知ったのですが、「東京高裁41.1.28判決。道路上における印刷物の交付行為と道路交通法77条1項4号」という判例により、路上(特に歩道)におけるビラの配布は、合法だそうです

ならば、簡単、いつでもどこでも思い立ったが吉日で、相模大野でやったオンライン署名おひろめ活動のようなものをお手軽にやれるよね

それぞれの地域のチベサポさんが集まってそれぞれ思い思いに個性的に、全国いろんなところで同時多発的にやれば、効果的な告知になるんじゃないのかなあ

是非とも、日本全国のフリチベサポータのいる最寄り駅でやってほしいですね

チベットハウスにあった冊子の支援にはの所に『地域でチベット支援グループを組織し、その地域の人々にチベット及びチベット人が置かれた現況について知らせる』
って書いてある

署名の数を増やしながら、チベットの現状を知らせなくては


★9月3日に追記 (今日は他にもちょこちょこ修正や補足など入れていますが)
道路使用許可がある場合は配布できるが、ない場合は配布はできない、頒布ならできる

配布は誰にでも配れるし、通行する人の邪魔にならなければ、大きな旗やプラカードもオッケー 拡声器を使わなければコールもオッケー
頒布は希望者だけに配る 問題がおきないようおとなしくしたほうがよさそう
頒布をする場合は、下記のページを印刷してお守りにするのもいいかもしれない
街頭宣伝に許可はいらない
(Aさん、Hさん、教えていただきありがとうごいます)

まだの人は是非お願いします中国政府のチベット人に対する不当な拷問に対する抗議の署名
[PR]
by myouonn | 2008-09-03 02:14 | フリーチベット関連 | Trackback | Comments(18)

怒りの声のちがい

今朝、中国当局、キズルブヤ村事件関係者の家族を人質にを紹介していた方の日記を読んで気付いたこと

オンライン署名おひろめの配布活動で、チベットへの思いを語る人の声を聞いていた。
とてもいい声で、聞いていて心地よい。

後でその方と話をする機会があり、思っていることなど聞かせていただいたのだけど、その人は「怒り」があると言うのです。
(怒り嫌いの私はびっくり!)

フリチベ関係以外の人たちから、政治やいろんな問題に対しての話をする声を今まで何度も聞いたけれど、どの声も(はっきり言わせてもらうけど)気分悪い。
工場の機械がガャガチャうるさくいっているような雑音になって何を言っているか聞き取れないです。

同じ怒りなのに、なんでこうも違うのか?

わかった それは

自分を守りたいための怒り=気分悪い雑音

他者を守りたいための怒り=心地良い声


この違いなんだと。

中国政府のチベット人に対する不当な拷問に対する抗議の署名おひろめ活動についての日記は、まだです、すいません)
[PR]
by myouonn | 2008-09-01 08:58 | フリーチベット関連 | Trackback | Comments(0)

テレビ見よう

BS1で9月1日 17時15分からチベットの番組あるみたいや

中国政府のチベット人に対する不当な拷問に対する抗議の署名おひおめの日記はまだです。
「怒り」について理解できそうなので、もう少しで気持が決まりそう。
[PR]
by myouonn | 2008-09-01 01:02 | フリーチベット関連 | Trackback | Comments(0)

自分のために広告の裏にメモをとる気分で気楽に書いています。


by myouonn