霊会話の場

myouon.exblog.jp

自分のために広告の裏にメモをとる気分で気楽に書いています。

カテゴリ:フリーチベット関連( 101 )

ダライ・ラマ法王 横浜法話・講演 
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所に案内がありました。

先月22日に
横浜で大型講演会を計画=ダライ・ラマ、6月訪日でというニュースを見つけていたので、長野のチケットは買っていなかった

やっぱり横浜にもいらして講演会があるのですね

ああーよかった
また法王さまのお話を拝聴できます
法話・講演は6月26日で、チケットは(私は一般なので)4月1日からの購入になる
忘れないように買いに行こう
[PR]
by myouonn | 2010-03-18 12:45 | フリーチベット関連 | Trackback | Comments(0)
47ニュースにあった「中国、民主化以外に道なし」 体制内学者が米誌に論文」を転写します。

-----------------

 【北京共同】中国政府の政策に強い影響力を持つ北京大学国家発展研究院副主任の姚洋教授(45)が米外交専門誌「フォーリン・アフェアーズ」最新号に「中国の経済成長維持には民主化を進める以外の道はない」とする論文を発表した。「国家はしばしば国民の権利を侵害している」とも述べて中国共産党による強権的な統治を批判した。

 同院は一党独裁の共産党が進めてきた市場経済化路線を理論的に支えてきたシンクタンク。体制内学者が権威ある米誌で民主化を呼び掛けるのは極めて異例だ。指導部は衝撃を受けているとみられ、政治改革の起爆剤となる可能性もある。

 論文は「北京コンセンサスの終わり」と題し、「中国の権威主義的成長モデルは維持可能か」が副題。同誌(電子版)によると、2004年に中国の経済発展の成功を「中国モデル」と評価した米国人の論文「北京コンセンサス」を否定する形で「中国が進める成長戦略は人民の経済的、政治的権利を侵害する」と指摘。「遠くない将来、国民の政治参加を認める政治改革が不可避」と断じた。

2010/02/08 17:55 【共同通信】

-----------以上

このようなニュースに希望を持ってしまいました。
前回の日記に「いつ中国は民主化するのだろう」というコメントを頂きました。
いつになるのか解りませんが、民主化に向っているのではないのかな?

中国共産党がやっている少数民族に対する不当な弾圧、今なお続く惨たらしい拷問や屠殺、ウソ偽りで固めた情報などにも、もちろん「No」と声をあげますが。

中国に対し恨みや憎しみを持たず
中国人の一人一人の仏性が芽生え
中国政府もやがて変わっていくと
願い、祈り、私も日々反省しつつ
私にも、仏性が芽生えますように
[PR]
by myouonn | 2010-02-09 10:35 | フリーチベット関連 | Trackback | Comments(2)
d0000652_13515091.jpg

今日の朝日新聞朝刊の9面に小さく載っていた『中国とダライ・ラマ側 ■米、対話再開を歓迎』
          ↓(拡大)
d0000652_13533857.jpg



ネットに関連記事が出てるけど、演出ってことなんだね

    ↓
中国:チベット協議 対話ムードを演出、米国側けん制も

----------転載します-----
中国:チベット協議 対話ムードを演出、米国側けん制も

 【北京・浦松丈二】中国当局がチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世の代理人を26日から中国に招き、約1年3カ月ぶりの非公式協議に乗り出したのは、対話ムードを演出し、対中批判を強める米国側をけん制する思惑があるとみられる。

 中国は、オバマ米大統領が来月21日から訪米するダライ・ラマと会談することを警戒している。大統領は昨年10月、中国の要請を受け、ダライ・ラマとの会談を見送っていた。

 しかし、オバマ大統領の初訪中を翌月に控えていた昨年10月と比べ、最近はネット規制や米国の台湾への武器供与問題などで米中の溝は深まっている。

 中国は大統領にダライ・ラマとの会談を思いとどまらせ、会談しても影響を最小限に抑えるため、対話ムードを演出する必要があると判断した模様だ。

 中国当局は08年3月のラサ暴動以来、硬軟両様の構えでチベット統治を強化してきた。チベット自治区の地方議会にあたる人民代表大会は今月15日、同自治区政府新主席に17年の軍歴を誇るバイマ・チリン常務副主席を昇格させた。

 中国当局は非公式協議で、チベットの統治方針を説明し、分離独立活動を停止するよう要求するとみられる。しかし、ダライ・ラマ訪米前の「駆け込み協議」と受け取る亡命政府側が説明を正面から受け止める可能性は低く、実質的な進展は期待できそうにない。

------------------以上
[PR]
by myouonn | 2010-01-27 13:41 | フリーチベット関連 | Trackback | Comments(0)

d0000652_062887.jpg

馬場町交差点の歴史博物館入り口
赤ちゃんだっこのパンダさま
(チラシ配りの場所、3カ所あったけどここが一番会場に近い)


d0000652_021188.jpg

歴史博物館に入ったら奥の方に入場券売り場が


d0000652_0175229.jpg

チケット料金表がある
なんで1000円なんや? 上野は1400円や

d0000652_0135344.jpg

チケット買うた人はここ通って 

d0000652_0124277.jpg

このエレベータで6階にあがってチベット展の会場に



道路使用許可をとりチラシを配れる馬場町交差点からは、かなりの距離があり、歴史博物館の建物の中に入っても、6階まで上がらないと会場にたどり着かない

上野は公園の中の道一本を挟んで目の前がチベット展の会場だったけど、大阪の会場は、チラシ配りの場所から会場までたどり着くのに距離があり過ぎて、チベット展を見るのが目的の人か、そうじゃないのか区別がつかない
[PR]
by myouonn | 2010-01-26 00:21 | フリーチベット関連 | Trackback | Comments(0)
d0000652_026457.jpg

(この写真はチベットの旗2枚とウイグルの旗1枚を洗濯して干してある画像)
上野チベット展の抗議活動で、鳥の糞がついて汚れたチベットの旗を洗いました。ついでにウイグルの旗も洗いました。


一か月ぶりの公開日記となります。抗議活動中は書きたいことはいっぱいあっても、余計な事を書いをしてしまったかも?と、後でくよくよしそうだったので、非公開にして自分用にメモをしていました。

9月19日から1月11日までの毎週末土日と、時々平日上野のチベット展の前で抗議活動をかねてチベット本土からインドに亡命した子供たちの絵の冊子頒布に上野チベット展前に行っていました。


マイミクのAさんがプラカードやチベットの現状を伝える文章を書いたパネルを展示して、そこに子供の絵の冊子を置いて下さったので、多くの人の手に渡り、子供の絵を見て頂くことが出来ました。

しっかり数えていませんが、期間中、7000部以上はこちらから配らなくても貰って行ってくれたでしょう。
(もちろん抗議のチラシも頒布しました)

最終日はその日だけで1000部以上なくなったので、4〜5人に一人は持って行ったことになるでしょう。

土日以外の平日も通い、朝早くから準備をし、最後まで残り抗議活動をされたAさん、椅子を貸してくださったり荷物を置かせて下さったパルテンの会の方には大変お世話になり感謝です。ありがとうございます。足りなくなって冊子を持って来てくださった方や折り込みを手伝ってくださった方も有り難うございます。

頒布した数だけじゃなくて、チベット展の前に並べたパネルとセットで効果的にアピールできたこともよかったです。関わって下さった全てのみなさまに感謝です。


★気になるニュースのメモ

アップル、中国で一部のiPhoneアプリを規制、ダライ・ラマやウイグル人活動家関連

グーグル、中国からの撤退も検討 人権活動家へのサイバー攻撃めぐり

天安門事件の「戦車の男」、中国で閲覧可能に グーグルの検閲中止発表後

グーグルへのサイバー攻撃は「中国の情報活動の一環」、専門家

中国ユーザー、グーグルに「撤退しないで」の大合唱
[PR]
by myouonn | 2010-01-15 00:26 | フリーチベット関連 | Trackback | Comments(0)
オバマ大統領あてチベット問題の早期解決を嘆願する緊急集会が、あさって(日付では明日)金曜日の午後1時から明治公園であります。

一部転写++++++

アメリカ合衆国バラク・オバマ大統領のこの度の訪中では、中国胡錦涛総書記をはじめ、中国政府首脳陣との会談が予定されています。
この首脳会談では米中経済の発展を主軸に友好関係を強固にしてゆこうとするものです。
チベット問題の早期解決を願うチベット・サポーターズ・イン・ジャパンと在日チベット人コミュニティは、ノーベル平和賞を受賞されるオバマ大統領に心から敬意を表するとともに、米中首脳会談においてチベット問題について言及していただきたく、嘆願書を米国大使館経由にてオバマ大統領にお送りしました。
この度の緊急集会では、嘆願書がオバマ大統領に確実に届くことを祈念し、アピールを行うものです。皆様のご協力を心よりお願い申し上げます。

+++++++以上


チベット旗とプラカード持参で行きたい気持はやまやまですが、私は空未のもうひとつのお誕生日なので行けないです。
8陣さんがかっこいいプラカードを作っています。
このプラカード、ネットプリントになるのかな? もうなっているのかな?
プラカードだけでも印刷して、自宅で空未と一緒に応援しようっと!



平日ですがお時間のある方は是非参加して下さいますようお願い申し上げます。


時間   13:00集合
     13:30集会開始
     14:30解散
場所   明治公園(東京都新宿区霞ヶ丘町)
アクセス JR「千駄ヶ谷」駅下車 徒歩3分
     地下鉄大江戸線「国立競技場」駅下車 徒歩2分
[PR]
by myouonn | 2009-11-12 00:21 | フリーチベット関連 | Trackback | Comments(0)
Free Tibet サポーターさんたちも mixi アプリを使っているよね。私も「サンシャイン牧場」じゃないけど、それと同じRekoo提供のアプリをひとつだけ使っている。
(どれもみんな中国製かは知らないけど)問題をおこした mixi のアプリは中国製だったんですね。


同ゲームは、ミクシィ上で会員が利用できるが、

実際に制作・運営しているのは中国のゲーム会社

「リクー・メディア」

という記事は YOMIYRI ONLINE のミクシィ、4200人の情報が3日間「露出」にあります。

-----------記事転写

ミクシィ、4200人の情報が3日間「露出」

 パソコンや携帯電話の交流サイト「ミクシィ」上で人気のゲーム「サンシャイン牧場」のシステムに不具合があり、クレジットカードでアイテムを購入した利用者の電話番号とメールアドレス最大約4200人分が第三者によって取得可能な状態になっていたことが2日、明らかになった。

 同ゲームは230万人が利用するほどの人気で、ミクシィは「トラブルを重く受け止めている」として、今後、審査制度を見直す方針。

 ミクシィによると、トラブルがあったのは10月21日〜23日。

 同ゲームは、ミクシィ上で会員が利用できるが、実際に制作・運営しているのは中国のゲーム会社「リクー・メディア」。

 画面上に自分の「農園」や「牧場」を作って、トマトやナスなどを植えて収穫したり、ニワトリやヤギなどの動物を育てたりするゲームで、8月末にスタート。

 最初はすべて無料で遊べるシステムだったが、10月21日から、有料の特別アイテムを使える仕組みを導入。クレジットカード決済で、ゲーム内通貨を取得し、その通貨で、野菜を早く大きくするための肥料など特別アイテムを手に入れるというもの。

 ところが、導入直後から、利用者から「金を払ったのに通貨がもらえない」などという苦情が殺到。リクー社が調べたところ、判明しただけで80人分の購入した計38万円分のアイテムの記録が消滅していたことが判明。さらに、クレジットカードでゲーム内通貨を購入しようとした利用者4200人分の電話番号やメールアドレスが外部から閲覧できる状態になっていたことが分かった。導入した課金システムに不具合があったとみられる。

 ◆「運用見直したい」◆

 ミクシィは「現時点で個人情報を悪用されたという報告はなく、一般のユーザーが偶然に見た可能性はほぼないと考えられる」としているが、「今後、課金システムを導入する際には弊社として審査するなど、運用を見直したい」としている。

 携帯サイトなどの「無料ゲーム」を巡っては、親が知らない間に子供が高額なアイテムを購入しトラブルになるケースが相次いでいる。

 ◆ミクシィ=インターネット上で経歴や日記を公開し、共通の趣味や話題を持つ人たちと掲示板などで交流できる国内最大規模の会員制サイト。2004年2月にサービスを開始、09年6月末現在のユーザーは1741万人に上る。8月から基本的に無料で遊べるゲームなどの提供を開始、現在約500種類ある。
(2009年11月3日03時01分 読売新聞)

----------------以上

今日は9日なのに、3日の記事なので私以外の方はもうご存知なのかもしれないけど。
これは、マイミクさんの日記で知りました。

チベットサポーター仲間では「中国製品を買わないように」とよく言われ、私も気をつけてはいるのですが。

私の場合は、Free Tibet サポーターの活動に邪魔なんだよね。
時間がかかってたまには夜更かしして、仕事も家事も時間がなくなる。
チベットサポーターたちの旗揚げ、ウロウロ、上野の抗議、講習会など、外に出る活動、
なんか集まる人が少なくなったのは、中国製品の mixi アプリのせいだとしたら、まんまと中国の作戦にやられたって感じになる。
(どれもみんな中国製かは知らないけど。)

そうだ。もうアプリは止めよう。
今から止めよう。
[PR]
by myouonn | 2009-11-09 15:27 | フリーチベット関連 | Trackback | Comments(0)
マイミクさんの日記で知りました。
       ↓
緊急行動要請
ドンドゥプ・ワンチェン
世界一斉行動


先日のニューヨーク タイムズにあった「ドンドゥプ・ワンチェン獄中からの手紙」にあるようにドンドゥプ・ワンチェン自身による報告から、彼の裁判はもう始まっていることがわかりました。
先日チベッットで処刑執行が行われたばかり。ドンドゥプ・ワンチェンさんも同じように死刑にさせられる、なんてことになってはいけません。
マイミクさんが手紙のひな形を使って下さったので、私も事態の緊急性を訴える手紙を送ります。
フリチベサポーターさんも、フリチベサポーターさんじゃない方も、罪のないチベット人の命を助けるために是非ご協力をお願いします。

ドンドゥプ・ワンチェンさん撮影 の「ジグデル;恐怖を乗り越えて」です。
マイミクチベサポさんは見ていると思うけど、まだ見てない人はご覧下さい。



★手紙のひな形
__________________________

拝啓(議員/大使/大臣の氏名を記入)様


日本政府に対して、中国により2008年に平和的に表現の自由を行使した結果、逮捕されたチベット人映画制作者ドンドゥプ・ワンチェンの釈放を求める要請をしていただきたく、手紙を差し上げます。

ドンドゥプ・ワンチェン(中国語ピンイン表記 Dunzhu Wangqin;中国語名 当知項欠)はチベットで2008年3月26日に北京五輪やダライラマ、チベットにおける中国政府の政策等について一般チベット人のインタビューを撮影し、逮捕されてました。


撮影されたインタビューは "Leaving Fear Behind"「ジグデル;恐怖を乗り越えて」と名付けられ、ドキュメンタリー映画として、中国支配下にあるチベット人の生の声をかいま見ることのできるまれな映像となり、世界30カ国以上で上映され、次のウェブサイトよりインターネット上でも公開されています。http://www.leavingfearbehind.com.


今回入手された公式情報によるとドンドゥプ・ワンチェンは2008年7月に“分裂主義を煽動した”罪と諜報活動の罪に問われ逮捕されたことがわかりました。2009年6月に求刑を受けました。先日、獄中にあるドンドゥプ・ワンチェンによって書かれた手紙を、密かに(国外に)持ち出されたものを、彼の家族が受け取り、それによって彼の裁判が開始されたことがわかりました。

手紙の内容は以下のように綴られていました。


「数日前、私は悪夢を見た。
<何か大変なことが家族に起こったのではないだろうか?>
という思いと戦わねばならなかった。
私は年老いた両親のことを心配した。
本気に心配した。
二人の近況を知らせてほしい。
どうか隠し事はしないでほしい。
私の状況についていえば、何も心配する必要はない。
私は自分の運命に向き合う用意ができている。
解放される望みは薄く、今後長期間に渡り獄に留まるであろうと思うとき、
両親に対し、面倒をよく見る、良き息子であることができなかったなあと感じる。
私の裁判はすでに始まっている。
知らせたい良いニュースは何もない。
刑期が何年になるかまだ判らない。」

更に、中国は外国政府機関に対して,今件が“現在、司法手続の途中”にあると語っており、もし有罪判決が出されれば、ドンドゥプ・ワンチェンは重刑を受けることになるかもしれません。

中国政府は当初、ドンドゥプ・ワンチェンの裁判に際し第3者の傍聴を許可しませんでした。その結果、ドンドゥプ・ワンチェンの裁判が秘密裏に行われる可能性が高くなりました。重ねて、彼の家族が弁護を依頼した北京の Gong Xin (共信法律事務所)の Li Dunyong (李敦勇)弁護士との接見も禁止されています。

2009年10月20日にラサで起きた4名のチベット人の処刑のニュースとともに、ドンドゥプ・ワンチェンの裁判が公平で公開された裁判にならない危惧が指摘されています。
処刑されたチベット人は昨年チベットを覆い尽くした抗議行動に関わった罪で逮捕され、彼等の処刑は政治的な意味を持つと信じられており、有罪判決を受けた者は公平な司法配慮を受けていないことがわかっています。

11月15日から18日にかけて、中国を訪問する米オバマ大統領にあわせ、今こそが、世界中の政府機関よりドンドゥプ・ワンチェンと、全ての政治囚のの釈放を求め、そして、中国の首脳陣に対して、公平で公開された裁判を可能にするための司法制度を実行することを強く要請する重要な時期と信じます。

どうぞ、中国に対し以下の項目を要請するよう日本政府に働きかけてください。

1.ドンドゥプ・ワンチェンの起訴内容と裁判の状態を含む、全ての情報の公開、

2. ドンドゥプ・ワンチェン の裁判に傍聴人を許可するとこと、彼の裁判が中国の憲法に守られた公開された完全な裁判であることを保証する。そして彼の選んだ弁護士の弁護が受けられるよう保証する

3.国連の世界人権宣言で保証される表現の自由を平和的に行使したのみの“犯罪”に問われている ドンドゥプ・ワンチェン の即時釈放

なにとぞよろしくお願いします。

敬具

(送り人の氏名を記入)

_________________


★送付先
(手紙は宛て名等を各自でアレンジして下記3名にお送りください。)


1)岡田外務大臣
https://www3.mofa.go.jp/mofaj/mail/qa.htm


2)在中国日本国 宮本雄二 大使
住所; 北京市建国門外日壇路7号
郵便番号post code :100600
電話:+86-10-6532-2361
ファックス:+86-10-6532-4625
メール:keizai@eoj.cn (経済部) *サブジェクトの欄に「チベット担当の方へ転送ください」と入れてください。


3) 外務省 上田秀明 人権人道大使 
外務省中国デスク;山本様(内線番号 ; 30741) 
住所;〒100-8919
千代田区霞が関2-2-1
代表電話:03-3580-3311
ファックス:03-5501-8239
[PR]
by myouonn | 2009-11-03 22:04 | フリーチベット関連 | Trackback | Comments(0)
かっこいいプラカードやTシャツを作る8陣デザインさんが、昨日のダライ・ラマ法王さま講演会(最初から最後までではない、一部)とサポータたちの活動をYOU TUBEにアップして下さっていました。


[PR]
by myouonn | 2009-11-01 22:51 | フリーチベット関連 | Trackback | Comments(4)
まず、ダライ・ラマ、中国の抑圧政策を強烈に皮肉る産経ニュース必読。
(皮肉るという表現は? なんじゃい!! ここではニュースにはふれず)

もちろん今日はダライ・ラマ法王さまの講演会に行きました。
耳に入ったとこだけの走り書きメモは、そのうちね。
法王さまの講演会、後半は難しくてついていけなかったけど、前半と質問に答えるとこなんかは、流石だ、素晴らしい! そうなんだよ!と激しく頷いていました。

明日は早起きして上野に行くため、やることやって早く寝よう。

講演会の前後のことをちょこっとメモします。

講演会の前に寄った、上野のリンカでは、なかなか会えない人、お話したいことがあって会いたいと思っていた人に会え、メールでは伝えにくいことをゆっくり話せてよかった、よかった。
話の中での二人の共通の不安っていうか問題点も、法王さまのお話に解答があって、これは自分の心のあり方によるもので、そういう思いやりの訓練は是非頑張りたいです。

講演会が終わり会場を出る途中も、会いたいというか、会って謝りたい人に偶然会えて、謝ることができてよかった、よかった。
私の中では●じゃなくて○、いや、☆ピカピカで、私は以前と変わらず先生が好きで尊敬しています。
(どこかのブログでは●になってた)

なんのこっちゃ? 今日の日記
人が読んでもきっとわからんだろうけど、今日の講演会の前後は、私にとって会いたい人に会えた記念日なんです。
[PR]
by myouonn | 2009-10-31 21:32 | フリーチベット関連 | Trackback | Comments(0)

自分のために広告の裏にメモをとる気分で気楽に書いています。


by myouonn