霊会話の場

myouon.exblog.jp

自分のために広告の裏にメモをとる気分で気楽に書いています。

土曜は泣きになってしまった (勉強の日記はそのうち?)

本題に入る前に、kuyoさん&kuyokuさん ホームページオープンおめでとうございます
スピリチュアリズム点字文庫
南モンゴル応援クリルタイ

18日の日記にしたかったけど、日付変わって19日になってしまった(もう夜が明けるぜ)

スピリチュアリズム点字文庫は2年前、文京シビックホールでシルバーバーチ読書会の仲間たちと語った夢がドリカム

南モンゴル応援クリルタイは、今夜(日付は昨日)文京シビックホールの青木直人さん講演会で一緒にチラシ配りをした、最近お世話になっている南モンゴル支援活動家の先輩たち
なぜだか、おばかな私のチラ裏メモ霊会話の場がリンクされており(汗)

ホームページを作られたお二人とも、そして点字文庫を作ったメンバー、クリルタイのメンバーも含めて、みなさん、チベットの子供のような、誰かのお役に立ちたいという方たちばかりで私は大変尊敬しています

と、いうことで、これから本題に入ります!

賢くなるためレッツゴーの予定どおり先週も今週も土曜は行動

しかし、賢くなる勉強より一番はチベットの子供のことで泣いてしまった土曜になった


【イベント】「チベットの歴史と文化学習会」(吉水千鶴子/渡辺一枝/野田雅也)では、野田さんが持ってきて参加者にまわして見せてくれたチベットの子供の靴を手にとり泣いてしまった

ヒマラヤを越えて亡命する子供がはいていた靴は裏の底がはぎ取れ、ボロボロなんです
お父さんが、足が冷たいと辛いだろうとフンパツして中に毛がついた暖かそうな靴を買って子供にはかすのだけど、寒い雪山を何日も歩くと、靴はぼろぼろになってしまうんですね

足は凍傷で切断せざるえを得ない、冷たくて痛くて辛かっただろうと思うと
大好きなお母さんともお父さんとも別れ、子供だけでの亡命、中共の人民解放軍の軍人に見つかれば殺される、恐怖の中で怖かっただろうと思うと、泣けてきちゃって

空未の靴はきれいだったけど、空未は肝臓が真っ二つに割れていたことも思い出して、ダメダメ涙が止まらない、泣いちゃった先週の土曜でした

今週も、アースデイ東京でチベットの障害を持った子供の絵をみて、泣いちゃった

障害を持つと、やはり健常者よりも人のお世話になることが多い
いつもお世話になっているけど、障害を持っていても人のお役に立って人を喜ばせてあげたい、という思いで、子供たちが一生懸命に練習して描いた絵のメッセージカードを手にとり、また涙ボロり


アースディのブースにお勉強の他に『チベット本土からインドに亡命した子供たちの絵』の絵本をブースに置かせてもらうためにも行ったアースディ

チベットの子供のように、人の役に立ちたい、喜ばせたい、拷問を受けひどい目にあわされても仲良くしたい、そういう思いで生きていけたら、奇麗な地球になるような気がする

(眠いので誤字の確認はパス)

d0000652_48015.jpg
d0000652_482071.jpg
d0000652_483245.jpg


起きたあと追記
この画像は障害を持ったチベットの子供が描いたメッセージカードです
上から
片足がない子供がお花に水をやっているとことろと、そのまわりに仏教的なデザインがある絵
白い馬に乗って走る、青い服の男の人の絵
チベット仏教で、みんな繋がっているという意味を示すデザインの中に赤いお花の絵
[PR]
トラックバックURL : http://myouon.exblog.jp/tb/9616454
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jyunnspiten at 2009-04-19 10:26
くーく様。
昨日点字文庫正式オープンになりましたね。
私はDさん、くーくさん、Oさんなどと出会えて、点訳プロジェクトに入会させて頂きました。
これから、このHPが発展し、多くの方々に知って貰えたらいいですね。
チベットの子供たちのこと読んだら涙でてきました。
また
空未の靴はきれいだったけど、空未は肝臓が真っ二つに割れていたことも思い出して、ダメダメ涙が止まらない、泣いちゃった先週の土曜でした
この部分は読んだだけで、衝撃を受けましたね。
Commented by くーく at 2009-04-20 22:23 x
淳ちゃん、スピ点では大変お世話になりありがとうござます。
スピリチュアリズム点字文庫はkk先生が願っていらしたことなので、kk先生もきっと喜ばれるでしょう。
そうだ、お知らせしなくっちゃ。Dさんがもうすでにお知らせをされたのかなあ?

チベットのことは、子供の絵の絵本もそうだけど、かなりおさえて書いています。ほんとうは、もっともっと残虐なことをされています。惨すぎて私は書けません。
淳ちゃん、一緒に泣いてくれてありがとうございます。
Commented by kk at 2009-04-21 01:48 x
ごぶさたこんにちは。

先日、長野イベントの件で法王事務所にご挨拶と各種お願いに行きました。当方のイベントの主旨など説明し、協力の依頼もしました。
しかしこちらの思いとはうらはらに、なんか伝わってない感じがあったのです。まぁ日本語での会話はちょっと大変だったのかもしれませんが…。
そして「最近は法王事務所にも色々な人が来たり色々な話もくるようになったが、正直それぞれの人たちがどういうつもりでチベットの問題に関わろうしてるのか見極められなくて困っている」と苦笑されてました。
つまりチベット問題を利用してもうけようとする人も実際に来たりするようなのでした。

まぁ私たちはそんなつもりはないのですが、ちょっと空気が気まずくなったりしてw

ですが、その後に次のような話をしたのです。
Commented by kk at 2009-04-21 01:48 x
「先日講演会に行きました。
チベットの子どもが書いた小冊子をくれた女性が、チベットの子どもの靴を見てぼろぼろと泣いていたんです。
私の隣に座っていた人なんですけどね。もう本当にぼろぼろと…。私はそれを見て、こういう人は信用できるなと、こういう日本人は信用できるな~と思ったんですよ。
ものすごく気持ちが伝わってきてね」

その話を聞いてすぐに私は「ああ、くーくさんだな」と思いました。まぁ子どもの絵の小冊子という部分でピンと来たってのもあるんですがね。
とにかく速攻でくーくさんなんだろうなっていうイメージが浮かびました。

ちなみにその人は、法王事務所日本支部の代表ラクパさんです。もし気がついてなかったら気の毒だと思い長々とコメントしてしまいました。
くーくさんの思いは、チベット亡命政府日本支部の代表者に届いてますよ。

これからも点字作業やチベット・ウイグル・モンゴルの活動頑張ってくださいね。
無理のない範囲で継続してくださいませ。

でわまた。(*^-^)ノシ
Commented by くーく at 2009-04-21 23:47 x
あーーびっくりした
kk先生かと思ったよ

いやkkさんのほうが
もっとびっくりだ!

なぜなら
その他大勢の中に埋もれていたのに見つかるなんてびっくり!

ところで、この件に関しては話が長くなるので、kkさんと一緒にダライ・ラマ法王事務所に行かれた方にお聞きいただませんでしょうか。
すいません、子供の絵の絵本のことでアドバイスをいただき、また、お話させていただいていますので、ある程度ご存知です。
Commented by くーく at 2009-04-22 00:10 x
kkさん すいません言い忘れてました。
見つけてくれてありがとうございます。
ラクパさんのお話もありがとうございます。
お気遣いいただきありがとうございます。
継続するかどうかは、すいませんがわかりません。
by myouonn | 2009-04-19 03:49 | フリーチベット関連 | Trackback | Comments(6)

自分のために広告の裏にメモをとる気分で気楽に書いています。


by myouonn