霊会話の場

myouon.exblog.jp

自分のために広告の裏にメモをとる気分で気楽に書いています。

『第三の極 チベット 天空への道〜神々を宿す大地 3000キロ大走破!〜』メモ

元旦に再放送されたBSフジ開局8周年記念特別番組『第三の極 チベット 天空への道〜神々を宿す大地 3000キロ大走破!〜』をダンナの弟が録画して焼いてくれたのを、昨日、アイロンをかけながら見たので、特別気にかかった言葉とそのとき思ったことのメモ


チベットの人の祈りの言葉として

世界が平和でありますように

また人間に生まれますように

世界が平和でありますように、というのは、わかる、すごい納得
でも、また人間に生まれますようにとは、なんて謙虚なんだろう
あんなに純粋に信仰をして、自然にとけ込んだ質素な生活の中で
金銭欲や名誉欲、人を蹴落として前に出ようという闘争心もなく
思いやりがあって、穏やかな人たちというイメージのチベット人
淀んだ人間界に来なくても、天上界のような所に行けそうなのに

私は人間界を卒業したい、もう人間には生まれたくないと思っていたけど、なんて身の程知らずなんだろう!
ああーあと何回人間を繰り返さないといけないのだろうか?


今生は修行の場とも言っていた(録画はここで切れて最後まで見れなかった)
シルバーバーチと同じですね
やっぱりそうですね
私もそう思います


それから、メモしていなかったのでちょっと言い回しは違うかもですが
自分のための祈り(願い)が家族のため、そして周りの人(村や町のことだたったか?)そして全てのためと広がっていく、とも言っていた

そこで思い浮かんだのが

万物生光輝

チベットを知る事で、悔しくて悲しくて気分は沈んで暗かったけれど

この番組を見て、真っ暗な夜空に小さな輝く☆をみつけたような


はっ!と気持が入れ替わり、なんかうれしいような

まあ、テレビ番組なんて制作する側のフィルターがかかっているので、そのまま信じようとは思わないけど

それにしても、美しい映像だった

アイロンをかけながらではもったいないので、時間のある時ゆっくり見よっと
[PR]
トラックバックURL : http://myouon.exblog.jp/tb/9161321
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by くーく at 2009-01-12 11:36 x
11111の1ぞろ目の夜、珍しくアラムさんから電話がありました。
アラムさんからお聞きした事によると
チベットの『死者の書』に、チベットの人は死後再生を信じているが、人間に生まれることはまれで、家畜や虫に生まれ変わる可能性が高いと信じられている、ということが書かれてあったそうです。
と、いうことで、虫や家畜でなく人間にまた生まれたいと願うのは当然のことだそうです。
チベットの『死者の書』は子どもを亡くした親の会のお勧め本で、7年前くらいに読んだはずなんだけど、私はすっかり忘れておりました。
(昨夜、間違えて投稿したので修正し再度投稿しなおしました)
by myouonn | 2009-01-05 23:23 | フリーチベット関連 | Trackback | Comments(1)

自分のために広告の裏にメモをとる気分で気楽に書いています。


by myouonn