霊会話の場

myouon.exblog.jp

自分のために広告の裏にメモをとる気分で気楽に書いています。

シュプレヒコールが唱名に聞こえた

東トルキスタン 人権抑圧、人命犠牲のオリンピック反対デモ の準備だけですが、初めてデモのイベントに参加しました
地元でへルパー仕事があるため、今日のイベントも早退です

デモって怒りがあるからデモをする
そういうデモだけではなく
思いやりがあるからデモをするというのもある

怒りの声でなく、思いやりの声があることを今日初めて気づきました

今日、デモに参加する人たちに直接お会いし、一人一人に風船を渡しながらも、そのように感じました

今まで何度かデモの動画を見てシュプレヒコールも聞いてきたけれど、今日のデモの声は怒りの声ではなく慈愛に満ちた唱名の声でした


今までのデモと実際はそんなに変わっていないのかもしれないけど、私の受け取る姿勢が変わっただけなのかもしれないけど

デモに対して私の感じ方がこんなに変わったのは、一人でも人の命を救いたいと怒りではなく思いやり100%(←私が思うには)で一生懸命に働いている1人の女性の姿を見たから

(怒りはなく、また 涙)


「慈悲を生きる」の映画で一番印象に残ったのは
中国人がチベット人の首を絞め殺していた一場面

人に殺されるのは悲しい
人を殺すためにこの世に生まれたのか?
人を殺すこともなお悲しい
[PR]
トラックバックURL : http://myouon.exblog.jp/tb/8389219
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jyunnspiten at 2008-08-04 18:55
くーく様。
デモやシュプレキコールなどは、抗議とかするのにあったのだとずっと思っていました。
でも見方換えると違うのですね。
Commented by くーく at 2008-08-05 21:06 x
jyunnspitenさま

じゅんちゃん、間違ってないよ。
怒りがあって抗議するか、思いやりがあって抗議するか。
そういうことだと思うのですが?
by myouonn | 2008-08-03 21:49 | フリーチベット関連 | Trackback | Comments(2)

自分のために広告の裏にメモをとる気分で気楽に書いています。


by myouonn